• 楽天
  • Yahoo!

楽天GOLDでスマホページを作ってみよう!超基本編 – 【1-1】楽天GOLDの仕組み

0624_main

昔、進研ゼミの付録が発狂するほど欲しかったオガリア中村です。欲しいシールがもらえる前に親に解約された時はヒステリックを極めました。

今回から暫く、シリーズものでレシピを書いてみようと思いますよ。それっ題して、『楽天GOLDでスマホページを作ってみよう!(超基本編)』シリーズです。全部で多分、5回くらいになるかなぁ、というボリュームです。1クールはもちません。

まず第一回目はですね、作りはじめる前の基礎知識!『楽天GOLDの仕組みについて』です。

そもそも、楽天GOLDって何?

そもそも楽天GOLDって、そこかしこで聞くけど、何なのかはフワッとしてますよね。
ページの名前のこと?サービス名のこと?んんんんん???

土地を間借りさせてくれるサービス

簡単に言うと、『楽天市場サーバスペースの一部を、間借りさせてくれるサービスの名前』なんです。

サーバスペースとは..例えると、土地のようなものでして。
楽天市場が持ってる土地の一部を、「自由に使っていいよ」って貸してもらってる感じです。家を建てて人を呼ぶ(ページを作ってお客様を呼ぶ)のもOKだし、ただの倉庫にしておく(画像保管庫)のもOK。使い方は自由です。

自分で案外良い例えだなと思ったので、ここから先は無理やりにでも全て土地に例えて行きますよ。

“FTPパスワード”は、間借りした土地に入る鍵

楽天GOLDを申込みするともらえる、「FTPパスワード」。これは借りたサーバスペースにアクセスするためのパスワードになります。

“楽天GOLDページ”は、間借りして建てた家

「楽天GOLDページ」とは、間借りした土地の中に建てた家のことです。家の住所にあたるページのURLには、「/gold/」という記述が入ります。
(例:http://www.rakuten.ne.jp/gold/ショップアカウント/ファイル名…)

まとめ

* 楽天GOLD = 土地を間借りさせてくれる無償サービス
* 楽天GOLDページ = 土地の中に建てた家
* 楽天GOLDページのURL = 土地の中に建てた家の住所
* FTPパスワード = 土地に入るための鍵

RMSで作成するページと何が違うの?

結論から言うと、ページを作る「自由度」が大きく違います。よって、「出来上がるページのオリジナル性」がRMSと楽天GOLDの大きな違いです。

RMSでのページ作成は「マンションへの引越し」

RMSでページを作る場合、楽天市場側がある程度ページ全体のレイアウト組みを作ってくれています。なので、あとはその中に画像や文章を入れれば完成。HTMLのスキルが高くなくても、そこそこのページが作れます。

つまりは、「マンションに引っ越す」ことに近いです。家としての機能や部屋割りは出来上がってるので、あとはインテリアを考えれば住めます。その代わり他の部屋と差別化は難しくなります。また、初めから用意されていたレイアウトは崩せません。

楽天GOLDでのページ作成は「更地からのオーダーメイド建築」

楽天GOLDはいわば「更地」状態です。設計から土台作り、建築からインテリアまで全て自分でやらなければいけないため、それ相応のスキルと時間が必要です。
その代わり超自由度は高いので、他とかぶらないオリジナルの家を作ることができます。

楽天GOLDでページを作るって何するの?

家を建てるのに具体的に何をどの手順でするのか、大まかに挙げてみます。

1. テキストエディタを使って、HTML(設計図)を打ち込む

メモ帳など文章が打ち込めるソフトを使ってHTMLを打ち込みます。このHTMLが家の設計図になります。この設計を書く作業が、最もスキルが必要で最も作業量があります。

2. HTMLファイル(設計書)として保存する

HTMLファイルとは、「index.html」のように末尾の拡張子が.htmlであるファイルを指します。この拡張子がつくことで、初めて「設計書」として認識されます。

3. 楽天GOLD(土地)に入る

ページの構築場所である楽天GOLDにまずアクセスします。この時、アクセスする権限として必要なのが「FTPパスワード」です。また、アクセスには専用のソフトを使います。

3. 楽天GOLD(土地)にHTMLファイル(設計図)を置く

HTMLファイルを楽天GOLDのサーバスペース内にアップロードします。

 
 
こんな感じ!ふんわりにでもイメージ湧きましたか?余計に混乱しましたか?

次回は

次回からは、先ほど挙げた1〜4の手順について具体的な操作を追って行こうと思いますよ!お楽しみにあれ!

■次の記事
楽天GOLDでスマホページを作ってみよう!超基本編 – 【2-1】テキストエディタ「TeraPad」を設定しよう!

この記事を書いた人

中村 茉実

中村 茉実ディレクター

元楽天ショップ店長やってました。歩くときに他人との距離感が掴めないところがあり、よくオジサンのかかとを踏んでしまいます。

この記事のあとによく読まれています!

繁盛レシピの人気記事3選!

コメント

6 件のコメント

コメントはお気軽にどうぞ

セキュリティチェック *

内容をご確認の上、送信してください。